見出し画像

2月29日まで全35セッションアーカイブ視聴無料公開!日本最大級ヘルステックイベント、ヘルステックのキーマンが登壇

本イベントは盛況の内に終了し、2024年2月29日までアーカイブ視聴が可能です。
以下ページの右上より、アーカイブ視聴にお進みください。

メドピアと日本経済新聞社の共催イベント「HealthTech/Sum2023」を12月11日(月)、12日(火)に開催いたします。

日本でも、医療DXなどヘルステックの動きが加速していますが、Google、日本マイクロソフト、アマゾンウェブサービスジャパンなど、IT企業から、各省庁まで、ヘルステックのキーマンが登壇する全35セッションが視聴可能なチケットを販売中です!!

オンライン視聴は無料!
1週間後からアーカイブも公開されるので、見逃し視聴も可能です。


ご来場・ご視聴について

来場チケット(有料)

以下の「イベントに申し込む」ボタンよりお進みください。

オンライン視聴(無料)

以下のサイトより事前登録のうえ、ご視聴ください。

https://seminar.nikkei.co.jp/s/398117

2023年メインテーマ

2023年のメインテーマは、「Re-Generate New Tide~テクノロジーはヘルスケアを革新し得るか~」
全世界を巻き込んだパンデミックが収束し、我々は日常に回帰しようとしています。しかし、確実な変化は起こっており、政策面でも、個々人の認知面でも、DXのその先へと目線が向かっています。
大規模言語モデル(LLM)など進化した生成AIをめぐる期待と実装、懸念が顕在化しています。国内ではオンライン資格確認の実装やPHRのガイドライン整備など、これまで以上に幅広いデータを活用して「よりよく生きる」を実現する社会への波が急激に高まっています。
バーチャルケアを主体とした健診や処方薬、睡眠、運動など健康に関する情報を統合・解析し、個人に最適化したヘルスケアサービスの提供につなげる動きが活発化しており、実際のアウトカムにつながる研究も数多く発表されています。
スタートアップは元より、医療現場、ヘルスケアサービス提供者、政策決定者は、これまでにないスピード感で進化するテクノロジーをどのようにいち早く取り入れ、活用し、社会に提供することで人々の生活を改善していくのか。我々が果たすべき「いのち」への責任が問い直されています。
この波は、どこへ向かうのか ―― 日本、そして世界のヘルステックの最先端を様々な角度からの議論を通して、スタートアップや産官学、各業界のキーパーソンたちとつながる冬の熱い2日間を体験ください。

プログラム

詳しいプログラムは以下をご覧ください

DAY1

DAY2

2日目はスタートアップ企業によるピッチコンテストFinal(決勝戦)も開催します。最優秀賞はどのチームの手に輝くのか!乞うご期待です。

ヘルステック業界に身を置かれている方、関心のある方、ぜひご参加、ご視聴お待ちしております!!


メドピアの運営する医師専用コミュニティサイト「MedPeer」

マガジンをフォローいただくと、メドピアの最新情報をお届けします!

MedPeer Style動画配信中!

#HealthtechSUM #ヘルステック #メドピア #日本経済新聞 #Google  #日本マイクロソフト #Microsoft #アマゾン #Amazon #AWS   #ヘルスケア #スタートアップ #最先端 #医療DX #ピッチコンテスト #イベント #ヘルステックイベント #ヘルステックサム #MedPeer #企業のnote #テック

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます。 公式X(旧Twitter)でもたくさん情報を発信しているので、ぜひフォローをお願いします。