MedPeer Style

医師が創業、創業20年を迎えるヘルステック業界のフロントランナー・メドピアが運営するn…

MedPeer Style

医師が創業、創業20年を迎えるヘルステック業界のフロントランナー・メドピアが運営するnoteです。 後期高齢者急増、生産年齢人口急減の時代など2025年問題に向けて、予防医療、治療、介護・終末期をシームレスにつなぎ、医療現場を支援し患者を救うため医療DXに取り組んでいます。

マガジン

  • 健康経営・予防医療

    健康経営・予防医療に関する情報をお届けします

  • メドピアの人・働き方

    メドピアで働く人や制度、働き方のことがより知れる情報をお届けします

  • 調査データ

    基本、毎週水曜日更新!医師会員や産業医など医療関係者への調査データを公開します。

  • For ドクター

    医師・医療関係者の方々に向けた情報をお届けします

  • メドピア最新情報

    メドピアのCEOであり医師の石見へのインタビュー記事や、メドピアグループが提供するサービスのビジネスモデル解説などメドピアについて知ることができます。

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

MedPeer Styleの歩き方-初めてご覧いただく皆様へご案内

こんにちは!メドピアのアンバサダー・メドベアです。 MedPeer Styleをご覧いただきありがとうございます。 MedPeer Styleはヘルステックカンパニー・メドピア株式会社が運営する公式noteです。 医療業界が抱える様々な課題に対してメドピアが取り組んでいること、メドピアが運営するサービスを利用している医療従事者の声、サービス担当者の想いなどをお届けします。 最初にこれを読んでねMedPeer Styleを始めるにあたり込めた想い メドピアがMedPee

    • 「人本主義」を掲げるサントリーグループ 健康経営の先進的な取り組みから学ぶ【first call導入事例】

      メドピアグループが提供するクラウド型健康管理ツール「first call」。 企業の健康経営の推進に「first call」がどのように貢献しているのか。 導入いただいているサントリーグループ様の取り組みが歴史的に長く、社員の日常に浸透し効果がでていると聞き、早速MedPeer Styleでインタビュー取材をさせていただきました。 サントリーグループは「健康経営銘柄2024」に選定され、「健康経営優良法人」において8年連続で「ホワイト500」に認定されています。1899年の

      • メドピアグループ生成AI活用キーパーソンの軌跡

        2023年5月に入社し、メドピアグループ・株式会社フィッツプラスでPMを務める古川 陽大さん。現在は、チームに課されたミッションに加えて、メドピアグループ全体の生成AI活用プロジェクトも率先してリードしています。この度、その取り組みが評価され、社内表彰制度にてMVPを受賞されました。 「やるべき仕事」だけでなく「やりたい仕事」のために奔走する、その想いを語っていただきました。 特定保健指導のプラットフォーム実現へ現在のお仕事について教えてください。 現在はプロダクト開発部

        • 【医師に聞いた】MRとの面談は対面それともオンラインが多い?希望する方法も調査

          「【医師調査】新型コロナウィルス5類移行から1年、医師とMRの関係はどう変化した?」の調査を受け、今回はMRとの面会について、対面とオンラインどちらが多いのか、さらにどちらを希望するかも合わせて聞いています。 コロナ禍真っ只中の2022年と5類移行から1年たった2024年で比較をしていますのでぜひ参考にしてください。 アフターコロナで対面での面会が増加!医療業界はもちろん、その他の業界でも、コロナ禍でオンラインが普及し、働き方改革が推進されました。 2022年にはオンライン

        • 固定された記事

        MedPeer Styleの歩き方-初めてご覧いただく皆様へご案内

        • 「人本主義」を掲げるサントリーグループ 健康経営の先進的な取り組みから学ぶ【first call導入事例】

        • メドピアグループ生成AI活用キーパーソンの軌跡

        • 【医師に聞いた】MRとの面談は対面それともオンラインが多い?希望する方法も調査

        マガジン

        • 健康経営・予防医療
          10本
        • メドピアの人・働き方
          42本
        • 調査データ
          43本
        • For ドクター
          18本
        • メドピア最新情報
          17本
        • 医師の働き方改革・医療DX
          12本

        記事

          次世代のがん治療「CAR-T細胞療法最前線」信州大学に潜入!

          通常の免疫機能だけでは完全に死滅させることが難しい難治性のがんを対象に開発された治療法が「CAR-T細胞療法」です。患者さん自身の細胞を用いてがんと闘うこの新たな治療法は、多くの注目を集めています。 そんなCAR-T細胞療法をリードする信州大学医学部に潜入してきました! CAR-T細胞製造の現場に潜入まずはじめに、信州大学医学部小児医学教室の田中美幸先生に、細胞を培養する先端細胞治療センターのクリーンルームを案内していただきました。 「ちょうど数日前にアフェレーシスで採取

          次世代のがん治療「CAR-T細胞療法最前線」信州大学に潜入!

          メドピア 2024年5月キックオフmtg開催レポート

          こんにちは。メドピア・アンバサダーのメドベアです。 2024年5月13日に第20期 第3四半期キックオフmtgを開催しました。 その様子をお届けします! メドピアにとってのキックオフmtgとはメドピアグループでは、会社方針・戦略に関してグループメンバーの相互認識を深める目的で、四半期に1度オンラインとリアル参加のハイブリッド形式で開催されています。 第2四半期の様子はこちら 現在オフィスの増床工事真っ最中のメドピアグループ、今回は新オフィスのお披露目も兼ねて、一部のメン

          メドピア 2024年5月キックオフmtg開催レポート

          【6月30日まで!】「みんコレ!」研修医LINE 友だち追加&ID連携キャンペーン実施中!

          医師国家試験の解答&合否予測サービス「みんコレ!」に研修医のためのLINE「MedPeer研修医LINE」が登場しました! 研修医の皆さんに役立つ情報やキャンペーン情報を随時お届けします。 6月30日までの期間中、「MedPeer研修医LINE」を友達追加&「MedPeer」のID連携を完了いただいたMedPeer会員のみなさまに、150ptを進呈するキャンペーンを実施中。 ぜひこの機会に「MedPeer研修医LINE」に登録をお願いします! ※MedPeerへの会員登録

          【6月30日まで!】「みんコレ!」研修医LINE 友だち追加&ID連携キャンペーン実施中!

          【医師調査】新型コロナウィルス5類移行から1年、医師とMRの関係はどう変化した?

          患者さんにより良い医療を提供するため、互いに協力し合う医師とMR。 MR(Medical Representatives)は、日本語で表記すると「医薬情報担当者」です。 病院や診療所を訪問して、薬の品質や有効性、安全性について情報提供するだけでなく、看護師向けの勉強会を開催するなど、医療現場をサポートしています。 そんなMRと医師はどのくらの頻度で情報交換を行なっているのでしょうか。 2023年と新型コロナウィルスが5類に移行してから1年となる2024年5月を比較してみました

          【医師調査】新型コロナウィルス5類移行から1年、医師とMRの関係はどう変化した?

          メドピアCEO・石見さん×医学生対談!医師起業家のパイオニアとして、医学生からインタビューを受けました

          現役医学生が立ち上げた 一般社団法人ZEROGATE(以下ZEROGATE)の運営メンバーが企画するインタビューに、メドピアのCEO・石見さんが医師起業家のパイオニアとして登場しました。 インタビューにはZEROGATEの運営メンバーとともに、希望する医学生も参加。 医師の経歴や医師起業家のパイオニアとしてメドピアを起業後にどのような歩みをしてきたのかを中心に、ZEROGATEの運営メンバーからの質問を受け、医学生に向けてお話しました。 その中で、ZEROGATEの運営メ

          メドピアCEO・石見さん×医学生対談!医師起業家のパイオニアとして、医学生からインタビューを受けました

          数字でわかるメドピア-エンジニア編-

          こんにちは!メドピアのアンバサダー・メドベアです。 メドピアでは、ITの力で集合知を実現し、医療に関わる人々をつなぐサービスを創っています。 今回は、そのサービスを創りあげるために欠かせない存在、エンジニア組織にかかわる内容を数字にまとめました。ぜひご覧ください。 ※すべて2024年4月1日時点 人数エンジニアの人数は事業成長に伴い増加。 2024年4月に5名の新卒社員を加え、現在は89名(正社員)になりました。 ちなみに入社年度の内訳はこちら。 約4分の1が201

          数字でわかるメドピア-エンジニア編-

          【医師調査】臨床研修後の進路、どう決める?

          臨床研修を終えた後、大学医局にとどまるかどうか悩む医師は増えています。 昔は研修終了後に大学医局に戻ることが一般的でしたが、最近では他の施設でも研究環境や待遇が整っており、大学医局を離れる医師も増えています。 そこで今回は、医師の先輩として働く皆さんに、臨床研修終了後の所属先について聞いてみました。 半数以上が卒業大学の医局を選択!卒業大学の医局を選択したとの回答が半数以上、卒業大学以外も含めると、約8割の医師が大学医局に所属。大学以外の施設と選んだ医師は少数のようです。

          【医師調査】臨床研修後の進路、どう決める?

          どれぐらい浸透?医師に「ビットコイン投資」について調査

          ビットコインの通貨単位、1BTCが1,000万円を超える日もあり、投機熱が高まっています。 以前、医師に株式投資について調査をしたところ、約半数が株式投資をしているという結果となりました。 そこで、今回は医師たちの間ではビットコインに対する関心が高まっているのかを調査しました。具体的な体験談を交えてご紹介します。 株式投資事情についてはこちら ビットコインの所有者は約1割安定した投資を好む方や、仮想通貨の保有による税務処理の複雑さを理由に敬遠する医師も少なくないようです。

          どれぐらい浸透?医師に「ビットコイン投資」について調査

          脳みそパツパツな日々:新卒1年目の苦悩と成長

          プロフィールはじめにちょうど入社して1年たったので、振り返ってみました。 去年の自分や今年の新卒入社の方々の参考になればいいなと淡く思っています。 僕は1年を通じてメンターさんにかなりサポートしていただき、救われました。今年入社した新卒社員の方へ、新卒社員を担当するメンターさんへ、僕みたいな新卒社員もいるよ。なんてことを共有できたら嬉しいです。 1年間社会人として過ごしてみて楽しかったこと 爆速で成長を感じる 1年間社会人として過ごしてみて、初めの半年はわからないことば

          脳みそパツパツな日々:新卒1年目の苦悩と成長

          他事業部との連携で自己と組織を変革。社内賞を受賞した業務改善プロジェクトの軌跡

          プライマリケアプラットフォーム事業部に所属し、オペレーション企画やミドルオフィス、マーケティングなど幅広い仕事を担当する小柳 周太さん。業務改善プロジェクトが評価され、社内表彰制度・MedPeer AwardにてExcellent Performance賞を受賞した小柳さんに、成功までの軌跡と心境の変化を語っていただきます。 成長産業でアーリーフェーズの事業に携わりたいという想いから、メドピアへ入社──現在小柳さんが所属されている部署の役割と、お仕事の内容について教えてくだ

          他事業部との連携で自己と組織を変革。社内賞を受賞した業務改善プロジェクトの軌跡

          救急車の有料化、医師が考える適正料金は「9,001円以上」が最多に

          三重県松阪市で導入された救急車の有料化にあたり、2024年2月に行った『救急車の有料化について』の調査では、約9割の医師が「有料化に賛成」という結果になりました。 そこで今回は、救急車が一律で有料化するならば、どのくらいの金額であれば妥当かについて、医療の最前線に立つ医師の皆さんに聞いてみました。 回答は分散する結果に、最も多い回答は「9,001円以上(26.1%)」最も多かった回答が「9,001円以上」(26.1%)、「3,001〜5,000円」(25.8%)「5,001

          救急車の有料化、医師が考える適正料金は「9,001円以上」が最多に

          胃の検査定期的にしていますか?医師が選ぶ検査方法とコメントをご紹介!

          胃の健康は、私たちのQOL(生活の質)を左右する重要な要素の一つです。 胃の検査方法はいくつかありますが、どの検査方法を選ぶべきか迷うことも少なくありません。 そこで、医師たちに、もし自分自身が胃の検査を受けるならばどの方法を選ぶかについて聞いてみました! 専門家の意見を自身の健康管理の参考にしてみてはいかがでしょうか? おすすめは経口胃内視鏡?それとも経鼻胃内視鏡?医師が選ぶ方法は胃の検査方法について尋ねたところ、約半数の医師が経口胃内視鏡、つまり口から挿入する内視鏡を使

          胃の検査定期的にしていますか?医師が選ぶ検査方法とコメントをご紹介!