見出し画像

医師に聞いた子供の頃の習い事。意外な習い事が役立つことが明かに

”医師の習い事”に焦点をあてて、医師たちが子供の頃にどのような習い事をしていたのか、それが将来のキャリアにどのように影響を与えたのかをコメントを交えて紹介します。

80%以上の医師が、幼少期の習い事経験あり!


80%を超える医師たちが、幼少期に習い事を経験!
4つ以上という回答も1割超となりました。
医師たちの子供時代の習い事の代表例とキャリアにどんなふうに役立っているのかをご紹介します。

20代以下 男性 勤務医 その他
和太鼓→サッカー→水泳→公文→塾→野球
なんか、やりたかった。魅力的に見えた。野球はクラスのみんながしていたから。塾と公文はやらされた

30代 男性 勤務医 泌尿器科
水泳、バイオリン、ソルフェージュ、サッカー、絵画工作、英語、習字、そろばん。2年間住んでいたアメリカでは、野球、スケート、フランス語など。

40代 女性 勤務医 精神科
英会話を後輩の姉妹と小学校の間。ピアノは幼稚園から小学校の間。中学からは医学部受験に備えると決めていたから。この決断だけは今でも正しかったと思う。

40代 男性 勤務医 産業医 精神科
ピアノ、水泳でしたね。プログラミングの教室も行ったりしたことはありましたが、懐かしいですね。

50代 男性 勤務医 消化器内科
田舎で学習塾もなく珠算教室だけはあったので小学3年から珠算を始めました。自分にあってたようで、マウントをとるようですが、小学4年で1級合格(当時の県内最年少記録で新聞、テレビの取材がきました)、6年生では東北大会2位でした。中学ではテニスとの両立が難しくなり中学2年でやめました。最終的には7段までいきました。おかげで、数学、理科は超得意でした。

50代 男性 開業医 一般内科
スイミング・習字・そろばん・塾そしてエレクトーンと思い出してみると色々としていました。まぁまぁ役に立ったのではないかと親に感謝しています。通うのに苦痛の時もありましたけど。

50代 男性 勤務医 心臓血管外科
水泳、書道、絵画を習っていました。今、一番役に立っているのは、絵画ですかね。外科医になって手術の絵で上司からケチをつけられたことがないので。

50代 男性 勤務医 産婦人科
英語塾には通っていた。運動部部活もやっており、多くは出来なかったが受験対策で英語だけは頑張ったかも。

60代 男性 勤務医 神経内科 一般内科 感染症科 臨床検査科 総合診療
ピアノと習字です。一般的ですね。でも、病院のクリスマス演奏会でバンドを組んでピアノパートを受け持ったり、書道が生かせて、「院長って字がうまい」と言われたり、それなりに役立っていました(今は定年で名誉院長になりましたから)。

60代 男性 勤務医 一般内科
書道とそろばん。どちらも役に立ちました。今でもスーパーで買い物するときや、小児の薬用量では計算しますし良かったと思います。親に感謝。

絵画が医師の仕事に役立っているという回答や、病院のクリスマス演奏会でピアノを弾いたりと、幼少期の習い事を役立てているケースも。

習い事を通じて学んだ経験や知識が、医療現場のちょっとしたことに生きているようです。
子供の頃に、多彩な習い事の機会を提供することは、将来の可能性を広げる一歩となり得るようです。


医師専用コミュニティサイト「MedPeer」への登録はこちら

マガジンをフォローいただくと、医師17万人への調査データをお届けします!

MedPeer Style動画配信中!

#メドピア #MedPeer  #ヘルステック #医療DX #企業のnote #医師のキャリア #習い事 #survey #調査データ #アンケート #ドクターズボイス

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます。 公式X(旧Twitter)でもたくさん情報を発信しているので、ぜひフォローをお願いします。