見出し画像

医師の50%以上が「利用したい」と回答!対話型AIが医療現場に登場するのも秒読み?

「ChatGPT」や「Bing」、「Google Bard」など、さまざまな対話型AIが誕生し、知識を簡単に獲得できる時代になりつつあります。 中には、医師国家試験の合格レベルにも到達したAIもあり、医療現場への導入が期待されています。
そこで今回は、医師の対話型AI利用について聞いてみました!

利用率は低いけれど、医師の50%以上が「利用したい」と回答!

ChatGPTなど対話型AIを医学情報の検索に利用しましたか

医学情報検索のために「利用した」と回答した医師は約16%にとどまったが、「今後利用したい」と回答した医師は50%以上に!
中には対話型AIの検索結果と問診が一致したとの驚くべきコメントも!!

利用していないが、今後利用したい
まだ使用したことはありません。情報が正確ではないという話も多いので、結局その信憑性を自身で調べ直すことになるのだろうなぁと思うとなかなか手がだせません。ガイドラインを調べるとかは大丈夫なのでしょうか。もう少し精度が上がったらぜひ使用してみたいです。
(40代 女性 勤務医 循環器内科 一般内科)

利用していないが、今後利用したい
エンジニアの患者が自分で症状をChatGPTで調べて「胆石ができているのでエコー検査してください。ラパロが希望です」と言ってきた。指示に従いエコー検査したら実際に胆石があった。ChatGPTを問診に使うことは可能だろう。
(40代 女性 勤務医 一般内科 心療内科 代謝・内分泌科)


生成AIを業務で利用したいですか

さらに突っ込んで、業務における対話型AIの利用について聞いてみると、「利用したい」「利用した」との回答が60%を超える結果に!

利用したいがまだ利用していない
生成AIによる読影レポート作成は最も期待される分野です。人間の作成するレポートの根本的課題として表現のバラつきがあり、同じ所見を見ても読影医師の気分、自信によって微妙に表現が変わり、それがレポートを受け取る側にも影響を及ぼし、患者の転帰まで変わる事があります。実現まではハードルが高いですが。今すぐ使って欲しいのは、業務割り振りです。
(40代 男性 勤務医 放射線科)

利用した
サマリー作成・入力。検査オーダー時のコメント入力。定型的な文書作成。
データ処理するときの定型コマンドの作成。
レセプト返戻に対する対応。
ほかにもいっぱいやってもらいたいことがあります。
(50代 男性 勤務医 耳鼻咽喉科)

利用した
実際に患者さんへの郵送で結果説明をする際に利用しています。ChatGPTに具体的に指示すると、医療的な内容以外については十分役立ちます。
(50代 男性 勤務医 一般内科 健診・予防医学 呼吸器内科 老年内科)

利用したい領域は、医学的な分野ではなく、メール作成等の業務効率化との回答が多数でした。
医師の仕事には、医療知識はもちろん、臨床経験や倫理観、患者さんとのコミュニケーションが求められます。
対話型AIの技術がさらに進歩し、医療現場での活用が進む可能性はありますが、医師の仕事のすべてを代替することは難しいようです。


医師専用コミュニティサイト「MedPeer」への登録はこちら

マガジンをフォローいただくと、医師17万人への調査データをお届けします!

MedPeer Style動画配信中!

#メドピア #MedPeer  #ヘルステック #医療DX #企業のnote #survey #調査データ #アンケート #ドクターズボイス #医師の働き方改革

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます。 公式X(旧Twitter)でもたくさん情報を発信しているので、ぜひフォローをお願いします。