見出し画像

新卒エンジニア、信頼関係づくりを目指しオフラインコミュニケーションを徹底した結果

2023年4月に新卒で入社した、バックエンドエンジニア 冨家旭陽さん。新卒入社から半年間の取組みを振り返りました。


はじめに

2023年の4月に新卒で入社したバックエンドエンジニアの冨家(@asahi05020934)です。メドピアに入社してから半年が経ちましたが、エンジニアとして必要とされる技術スキルと同じくらい、強く意識して取り組んできたことがあります。それは「信頼関係づくり」です。技術スキルの向上はもちろんのことですが、なぜそれを大事にしてきたか、そしてどんな結果が得られたのか、振り返っていきたいと思います。

信頼関係づくりの目的

入社半年で主に関わってきたのは社内の人たちでしたが、信頼関係づくりを意識的に行ってきたことには、こんな目的がありました。

  1. 自身と周囲の安心感

  2. 成長と挑戦の機会創出

1については、仕事でやりとりをする人同士がお互いのコミュニケーションの壁をなくし、心理的に安心感をもっていれば余計な業務パフォーマンスの低下が抑えられ、仕事を進めやすくするのにとても重要だろうと考えたからです。

2は、仕事を円滑に進められる環境になった先に求めるものです。社会人歴は浅くても、何か難しいタスクや新しいプロジェクトに誰かを呼ぶ場合に自分のことを想起してもらえるかもしれませんし、自分の提案にも協力してくれるかもしれません。その可能性を高めることも、目的のひとつにありました。

トライしてきたこと

私なりの関係づくりとして、仕事やプライベートでも会社のメンバーと直接会ってコミュニケーションをとることを大切にしてきました。

まず、基本的に毎日オフィスに出社するようにしています。やはりオフィスのほうが、リモートワークの時よりも格段に雑談の機会が増えます。例えば、時々コーヒー好きのVPoEが本格的なコーヒーを淹れてくれます。そのコーヒー会を通して会話が弾むので、毎回楽しみにしています。


出社時は同期や先輩とランチにも繰り出します

また、社内の趣味サークルにもたくさん顔を出しました。メドピアには、様々なサークル文化があり、#club_〇〇と名付けられたオープンな趣味チャンネルに自由に入れます。以前、#club_saunaに属する先輩に誘っていただいて、初めて本格的なサウナに行きました。サウナは体験したことがなかったのですが、先輩にサウナの良さを教えてもらいながらコミュニケーションも取れてとても良かったです。入浴後には全身の疲れがスッと取れた感覚でとても気持ち良かったです。

ほかにも、夏に築地本願寺で行われた盆踊り大会にも先輩と参加しました。屋台の食べ物を食べたり、踊ったりして、仕事ではそうそうない場面を共にして、より親密になれたと思います。

どんな良いことがあったか

自身と周囲の安心感

社内の関係づくりを積極的に行ってみて半年、とても安心して仕事ができるようになりました。入社直後、本格的に業務に入る前後は、ミーティングで困っていることを相談したり、ペアプロをお願いしたりすることは怪訝に思われるのではないかと少し抵抗を感じていました。しかし最近は、周りの先輩方も「一人では解決できないこともチームで解決しよう」という考え方をもって接してくれていると分かり、安心して相談やペアプロをお願いしながら仕事を進めています。

自主運営中の朝活読書会のようす

成長と挑戦の機会創出

入社から半年間を通して、社内の関係づくりをすることでスムーズに周りの協力を得ながら挑戦できたことが色々ありました。それが自分の成長にも繋がっています。

たとえば、難しいタスクを担当したときです。私は現在、全国の医師が経験やナレッジを 「集合知」として共有し合う医師専用コミュニティサイト「MedPeer」の開発を行っていますが、入社5ヶ月目で、メインのサービスである薬剤評価掲示板の改修を担当しました。運用チームと要件を洗い出したり、開発後の確認作業を一緒に行ったりと密にコミュニケーションをとりながら進める必要があり、難易度が高いものでした。しかし先輩方にも相談や依頼がしやすく、逆に私のことを頼ってくれたりして、周りを巻き込みながら最後までやり遂げることができ、以前よりも力がついたことを実感しました。

また、自分が提案して企画運営をする機会も作ることができました。「朝活読書会」という、朝の30分間で有志のメンバーがオンラインで集合し、好きな本を黙々と読む会を7月ごろから始めました。他部署間でのコミュニケーションを増やし、時間の有効活用とスキルアップの機会創出を目的として企画・運営しています。しかし、自分の力だけで立ち上げた会ではなく、協力者の方と企画ミーティングを行ったり、社内で宣伝をしてもらったりと多くのサポートをいただきながら運営しています。おかげさまで参加者も増え、継続して来てくれる方もいます。

振り返ってみて

以上、入社から半年間で特に私が徹底してみた「信頼関係づくり」について振り返ってみました。自分の提案や相談を聞いてもらえたり、協力してもらえる方が周りに多いと、やはりたくさんの方と積極的に交流してきて良かったと思います。おかげさまで、不安のない社会人1年目を過ごすことができています。

エンジニアは、技術を通してより良いサービスを作るため、技術力向上に邁進する日々です。しかし私は技術だけではなく、会社を文化の面から良くしたり、メドピアの認知度を上げたりすることにも興味があります。それらもすべて、メドピアのミッションである多くの「医師や患者さんを救うこと」に繋がると思っているからです。そのために、自分が良さそうだと思ったことは今後も企画・提案・実行し続けるよう努力していきたいと思います。


医師専用コミュニティサイト「MedPeer」への登録はこちら

マガジンをフォローいただくと、メドピアで働く人や制度、働き方のことがより知れる情報をお届けします!

MedPeer Style動画配信中!

#メドピア #MedPeer  #ヘルステック #医療DX #企業のnote #新卒 #2023卒 #エンジニア #バックエンド #成長 #キャリア

この記事が参加している募集

#社員紹介

6,555件

#企業のnote

with note pro

12,485件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます。 公式X(旧Twitter)でもたくさん情報を発信しているので、ぜひフォローをお願いします。